四日市市日永東1-3-21
059-345-4111

【緊急】屋内スポーツ施設の利用再開と6月1日からのスポーツ施設利用について

2020/06/19

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、5月31日(日)まで閉館としている屋内スポーツ施設について、下記のとおり、6月1日より感染拡大防止対策を講じた上で、利用を再開いたします。

 

1.6月1日より利用を再開する屋内スポーツ施設

  • 霞ケ浦体育館
  • 中央第2体育館
  • 楠体育館(武道場含む)
  • 三滝武道館
  • 温水プール

2.利用再開にあたってのご利用条件(各施設共通)

施設の人数制限は、遵守してください。
・屋外施設は十分な間隔をとって利用してください。
・各施設の人数制限については、下表のとおりです。

 

期間 施設 利用可能人数
6月19日~7月31日 霞ケ浦体育館 320名
中央第2体育館 250名
楠体育館 280名
三滝武道館(柔道場、剣道場) 各140名
温水プール 50名
6月19日~7月9日までの屋外施設 1000名
7月10日~7月31日までの屋外施設 5000名

 

注1:8月1日以降の取扱いについては、国の方針に基づき検討予定です。
注2:十分な間隔とは、人と人との距離を十分に確保できる間隔(できれば2m)を指します。

注3:温水プールについては、「3.その他の感染防止対策」を御覧ください。

 

 

  1. 発熱や咳などの軽い風邪症状が継続している方、体調不良の方の利用はご遠慮ください。
    (嗅覚や味覚障害の症状がある場合を含む。)
  2. 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる方の利用はご遠慮ください。
  3. 過去 14 日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある方の利用はご遠慮ください。
  4. マスクを持参し、受付時や着替え時等のスポーツを行っていない際や会話をする際にはマスクを着用してください。なお、マスクの着用時には、喉の渇き等に気づきにくくなる場合がありますので、熱中症を含め体調の変化に注意してください。
  5. 施設の利用前後など、こまめな手洗いやアルコール等による手指消毒を実施してください。
  6. 他の利用者、施設管理者スタッフ等との距離を空けてご利用ください。(障がい者の誘導や介助を行う場合を除く。)※感染予防の観点からは、少なくとも2mの距離を空けることが適当です。
  7. 利用中に大きな声で会話、応援等を慎んでください。(競技中を含む)。なお、競技者以外(監督、控え選手・応援者など)は極力マスクを着用し、大きな声を発したり、近距離での会話などは慎んでください。
  8. 手に触れた器具等については、管理者で用意する消毒セットを用いて消毒してください。
    ※スプレー・ペーパータオル、除菌水等、施設に常備しているものを使用してください。
  9. 感染防止のために施設管理者が決めたその他の措置の遵守、施設管理者の指示に従ってください。
  10. 利用終了後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、施設管理者に対して速やかに濃厚接触者の有無等について報告してください。
  11. 競技者は(公財)日本スポーツ協会、(公財)日本障がい者スポーツ協会のほか、各中央競技団体が競技別に作成する感染拡大予防ガイドラインに従って練習等を行ってください。
  12. 連絡先等を記載した市指定の名簿(個票又は団体名簿)を管理者に提出してください。
  13. その他競技等に応じて3密を回避する対策を講じてください。
    ※密閉(換気が出来ない場所など)、密集(近い距離で集まることなど)、密接(互いに手が届く距離で会話や発声など)

3.その他の感染防止対策

  • 屋内スポーツ施設では、施設管理者が1時間に10分程度換気を行いますので、ご協力をお願いします。
  • 更衣室のある施設においては、更衣室内の3密を回避するため、一度に入場できる人数を制限いたします。
  • 休憩スペースにおける対面での食事や会話はご遠慮願います。
  • 会議室のご利用は、収容人数の1/2の利用に制限いたします。
  • 温水プールでは、「入場制限50人」、「1コースの入水は5人まで(全7コース)」「更衣室の入場は一度に15人まで」としていますので、ご注意ください。
  • 観客席をご利用の場合は、人との間隔を2m以上開けてご利用ください。

4.キャンセルへの対応

当面の間、施設利用再開後も新型コロナウイルス感染症を理由としたキャンセルは返金いたします。

5.その他

今後においても、新型コロナウイルス感染症の状況により、再度、休館(利用休止措置)を行う場合があります。

 

令和2年6月19日(金)更新

ページトップ