四日市卓球協会

活動内容

市民大会をはじめ年間7大会を行っています。
大会は中学生の部、一般、シニア、ベテランの部の個人戦、団体戦では市レベルではめずらしい社会人リーグが活発に開催されています。
卓球は小学生から70才代までの3世代が楽しめるスポーツです。
練習会場は中央緑地体育館をはじめ、多くの小中学校でクラブチームが練習でいい汗を流しています。

競技の説明

卓球の歴史は19世紀後半にイングランドの社交的な娯楽として始まり、1902年(明治35年)に坪井玄道が英国からピンポンセットを日本に持ち帰り広まったそうです。行うスポーツから見ても楽しいスポーツへ変貌途中であり、ルールも大きく変わってきています。
白色のウェアーの解禁、ピン球の径を大きくしてラリーの増加、21本ゲームから11本ゲームへの変更により、スリリングな試合が増えたこと。
卓球の試合のテレビ放映も随所で行われ、プロ野球よりも視聴率を稼ぐとのこと。
今や卓球はメジャーなスポーツへと突き進んでいます。

コメント

卓球にはラージボール卓球(直径44mm)という種目もあります。
ピン球を大きくし更に軽くしたことにより、回転やスピードを抑えてより多くのラリーを
続けることを可能にした日本生まれのスポーツです。
卓球は生涯楽しめるスポーツです。
興味のあるかたは事務局まで連絡ください。

連絡先

四日市卓球協会
  • 住所. 〒510-8122 四日市市生桑町2007-73
  • TEL.059-332-6427
PAGE TOP